閉じる

診療科形成外科

外来診察 本館1F ※初診や再診の受付完了後にお越しください

概要

患者のみなさんへ

形成外科では頭のてっぺんから足のつま先まで皮膚のあるところの変形、けが、できものなどすべてを診ます。体表に関する種々の変形、キズやキズ跡、できもの、アザや血管腫、皮膚潰瘍、褥瘡等を、主に手術やレーザー等の外科的手技で治療を進めています。
一般外来では皮膚腫瘍、眼瞼下垂、褥瘡、皮膚潰瘍の疾患のみではなく、義眼床再建、顔面神経麻痺も当科開設以来のライフワークとして治療しております。
当院では救命センターを併設しており、顔面外傷(顔面骨骨折も含む)、重傷熱傷等の症例も多く診ています。また乳癌センター開設後、乳がん切除後再建症例に対しても積極的に取り組んだり、近年は血管外科と合同で虚血足の治療にも取り組んだりするなどし、チーム医療として合同手術やその後のサポートも行っております。本年度発足した外傷を専門に扱う外傷センターにも、スタッフを配置し、切断肢等の重症四肢外傷を365日受け入れております。

特色・強み

乳房再建

乳房再建の術式は、乳房インプラントによるもの、自分の皮膚や脂肪や筋肉を用いるものの2つに分けられ(いずれも保険適応)、当院では患者さんの背景や希望に応じてオーダーメイドの乳房再建を目指しています。形成外科医と乳腺外科医が密にコミュニケーションを取り、二科で行う「乳房再建外来」も実施しています。また、極力早期に手術を受けられるような工夫をし、乳腺外科と形成外科の手術を1回でできる「即時再建」や、温存術後の乳房の変形に関する体の負担の少ない手術を提案しています。

皮膚、軟部悪性腫瘍

人口の高齢化に伴い、近年皮膚悪性腫瘍が増加しています。これらは皮膚のあるすべての部位で発生するため、整容的に患者さんにかなりの負担を強いる単なる切除のみではなく、できる限り切除前の状態に復元する必要性があります。当科では皮弁等の手術技術や、他の診療科と連携しチーム医療で患者さんをサポートします。

顔面外傷(顔面骨骨折)、重症四肢外傷 重症熱傷

当院は救命センター併設のためか、骨が粉砕されていたり、多発骨折(両方、他の骨折の合併)を伴ったりと、患者さんの重傷度が高い傾向が見られます。このような場合術前に三次元モデルを作製し、シミュレーションを実施した上で手術を行っております。

主な対象疾患

  • やけど
  • 顔面もふくめたけが
  • 顔の骨折
  • 顔面、体、手足の変形、奇形
  • 眼瞼の下垂、たるみ
  • 癌切除後の再建
  • 皮膚、皮下のできもの
  • 皮膚潰瘍、褥瘡
  • キズ跡のヒキツレ、ケロイド
  • 足の虚血

各種実績

診療実績(2022年度)
1日平均入院患者数 7.8人
平均在院日数 14.5日
1日平均外来患者数 22.2人
手術実績(2022年度)
外傷 75件
先天異常 14件
レーザー治療 109件
腫瘍 12件
褥瘡、難治性潰瘍 52件
眼瞼下垂 52件
瘢痕拘縮、ケロイド 21件
その他先進医療等(2022年度)
乳房再建術 5件
ケロイド電子線照射 18件

よく見られているページ

関連している診療支援部門

担当している特殊外来