閉じる

診療科救急医学科

概要

患者のみなさんへ

当院の救急医学科には14名(内11名が救急専門医)の専従医が所属しています。コロナ禍で大阪府からの増床要請があり、救命救急センター36床、総合集中治療部(GICU)9床、ハイケアユニット(HCU)8床、大阪府重症コロナセンター20床の合計73床を救急医学科の専従医と応援医師の協力で運営しています。救急医学科の多くのスタッフは、救急医療が専門ですが、腹部外科・脳外科・整形外科・血管内治療・集中治療・精神科等のサブスペシャリティーを有しており、幅広い疾患に即座に対応ができるのが特徴です。また他に類を見ない病床数を活用し、外傷・敗血症・脳卒中・心筋梗塞等の三次救急患者さん、大手術後の患者さん、院内発生の重症患者さん、重症COVID-19の患者さん等に対して集中治療を行っています。各ユニット間で病床を融通し合うことで、重症病床が満床になることはほぼありません。地域住民のみなさまが、安心して集中治療を受けることが出来る病院を目指しいます。

特色・強み

重症外傷に対する最先端の治療

当院の救命救急センターでは、two-room型Hybrid ERというシステムを導入しています。救急車で運ばれた重症患者さんに、ベッド移動することなくCT検査、血管内治療、応急手術を行うことができます。

精神疾患-身体合併症センター

当科には精神科医1名、精神保健福祉士2名が在籍していますが、全国的にも稀なことです。自殺未遂後の精神的ケア、外傷後のPTSD、認知症合併例への対応にも強みがあります。

ゲノム解析 PCRセンター

コロナ禍にPCR検査機器5台、次世代シーケンサー(ゲノム解析)、質量分析器を導入しました。これら最先端の検査機器を感染症や中毒などの救急疾患の診断に役立てていきます。

主な対象疾患

  • 重症外傷
  • 中毒
  • 敗血症
  • COVID-19

各種実績

疾患別患者数(2020年度)
内因性疾患 計944人
 脳神経疾患 108人
 消化器疾患 120人
 呼吸器疾患 201人
 内因性CPA 49人
 心臓血管疾患 62人
 腎泌尿器疾患 52人
 肝胆膵疾患 27人
 精神疾患 39人
 耳鼻科疾患 9人
 整形疾患(外傷以外) 15人
 代謝性疾患 19人
 敗血症 29人
 血液膠原病疾患 7人
 その他内因性疾患 36人
 新型コロナウイルス感染症 171人
外因性疾患 計305人
 頭部顔面外傷 63人
 四肢外傷 47人
 脊椎外傷 24人
 多発外傷 26人
 胸部外傷 20人
 腹部外傷 12人
 その他外傷 16人
 外因性CPA 17人
 中毒 40人
 熱傷 6人
 環境異常(熱中症・低体温) 16人
 窒息(縊首、喉つめ、溺水) 4人
 切断肢 14人
手術実績(2020年)
四肢・骨盤骨折手術 126件(140肢)
開頭・穿頭手術 31件
開腹・腹部手術 53件
脊椎手術 15件
形成外科手術(マイクロ・植皮・顔面) 16件
切断肢 25件
IVR 47件
非血管IVR(CTガイド下トレナージ) 4件
開胸・胸部手術 10件
血管手術 3件
その他 33件
手術実績(2019年)
四肢・骨盤骨折手術 165件(215肢)
開頭・穿頭手術 21件
開腹・腹部手術 46件
脊椎手術 31件
形成外科手術(マイクロ・植皮・顔面) 20件
切断肢 18件
IVR 33件
非血管IVR(CTガイド下トレナージ) 6件(5件)
開胸・胸部手術 8件
血管手術 12件
その他 37件