閉じる

診療科整形外科・リウマチ外科

外来診察 本館1F ※初診や再診の受付完了後にお越しください

概要

患者のみなさんへ

当院整形外科では、関節外科・脊椎外科・手の外科・リウマチ科・外傷外科・末梢神経外科・骨粗鬆症を中心に診療を行っております。        

超高齢化社会を迎え、整形外科で扱う疾患は日々増加しています。特に加齢性変化に伴う股・膝関節の変形性関節症や腰部脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患、バネ指や手根管症候群などの手の外科疾患が増加しています。これらの日常生活動作を脅かす病気をお持ちの患者さんに対して、より高度で先進的かつ安全な医療を提供できるように、我々は日々研鑽を積んでおります。合併症をお持ちの方も多いので、中規模病院の特徴を生かして他科と密接な連携を行うことが出来ます。“この病院にかかったら安心”と実感していただける整形外科を目指しております。今後もより良い医療を求めて当院を訪れる患者さんに、高度な医療をより安全に提供できるように努力していきたいと考えています。

特色・強み

変形性関節症(膝、股)は、介護保険で要介護になる原因疾患の代表です。当院では、薬・装具・関節内注射などの保存療法に加え、関節鏡・関節温存手術(骨切り術)・人工関節などの手術療法まで幅広く対応いたします。また、術後の輸血については、なるべくご自身の血液(自己血輸血)で対応しております。

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、頚髄症などの脊椎疾患については、脊椎外科指導医・専門医が対応いたします。椎間板ヘルニアに効果を発揮する椎間板内酵素注入療法(ヘルニコア)も積極的に行っております。また手術ではナビゲーションシステム(O-arm)を導入し、より安全で低侵襲な治療に取り組んでおります。

ばね指・手根管症候群・へバーデン結節・CM関節症にかぎらず、手指の拘縮や疼痛・機能障害など日常生活動作に支障をきたしやすい手のあらゆる疾患・症状については、日本手の外科学会認定専門医が対応いたします。 

主な対象疾患

  • 変形性股関節症
  • 大腿骨頭壊死症
  • 人工関節置換術の術後障害(緩み、感染、脱臼など)
  • 変形性膝関節症
  • 膝関節特発性骨壊死症
  • 半月板損傷
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 頸髄症
  • へバーデン結節
  • ばね指
  • 手根管症候群
  • 母指CM関節症
  • 関節リウマチ
  • 骨粗鬆症

各種実績

診療実績(2021年度)
1日平均入院患者数 57.0人
平均在院日数 17.8日
1日平均外来患者数 122.3人
手術実績(2021年度)
手術件数合計 1038件(入院手術 970件、外来手術 68件)
股関節
人工関節置換術 116件
人工関節再置換術 9件
骨切り術 1件
膝関節
人工関節置換術 141件
人工関節再置換術 4件
骨切り術 3件
関節鏡 39件
脊椎
頸椎椎弓形成術 23件
頸椎固定術(前方、後方) 14件
胸腰椎固定術(OLIF, XLIF, TLIF) 175件
腰椎後方除圧術 48件
腰椎ヘルニア摘出術 14件
脊髄・馬尾腫瘍 2件
手の外科
腱鞘切開術(バネ指) 39件
手根管開放術 27件
肘部管開放術(前方移行術含む) 6件
その他 161件
その他
良性骨腫瘍 5件
良性軟部腫瘍 19件
偽関節手術 8件

学会認定施設

日本整形外科学会

よく見られているページ

関連している診療支援部門