閉じる

特殊外来網膜硝子体外来

概要

網膜硝子体疾患の中でも継続した治療が必要な、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症などを主なを対象としています。なかでも糖尿病網膜症は失明原因の上位にある重篤な疾患で、硝子体出血、黄斑浮腫、網膜剥離、緑内障などを併発し、著しい視力障害を来します。また網膜静脈閉塞症は網膜の静脈がつまることで網膜出血や黄斑浮腫をきたす疾患で重篤になると糖尿病網膜症と同様に硝子体出血や緑内障などを併発します。

特色・方針

糖尿病網膜症の治療はレーザー治療が基本で、網膜静脈閉塞症や網膜裂孔、網膜細動脈瘤などでもレーザー治療を要します。従来のレーザーは治療中に痛みを伴うことが少なからずありましたが、当科では痛みが少なく短時間で治療できる最新鋭のレーザー機器を導入しています。
また糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫には抗VEGF薬の硝子体注射が第一選択です。当科での抗VEGF療法は全国有数の治療件数を誇り良好な成績をあげています。
一方で抗VEGF療法では、黄斑浮腫の改善が得られない患者さまもいらっしゃいます。そのような場合は積極的に硝子体手術を行っており、良好な成績を収めています。また硝子体出血をきたした場合は手術療法が主体となります。
その他、網膜剥離、黄斑円孔、網膜上膜、網膜分離症など、最新の硝子体手術装置を導入して安全かつ短時間での手術治療を行っています。

よく見られているページ

担当診療科